情報セキュリティ認証

Amazon Alexa・Alexa Autoセキュリティアセスメント
IoTデバイス

Amazon Alexa・Alexa Autoセキュリティアセスメント

Amazonが2014年にEchoスマートスピーカーを発表して以来、世界中のユーザーがAlexa音声サービスを使用して、より手軽な方法で日常的にテクノロジーと接しています。

CREST
ネットワーク及びシステム

CREST

2006年にイギリスで設立した非営利認定機関CRESTは、安全なディジタル世界を創るため、情報セキュリティ業界で高い基準を作成し、条件を満たす業者に専門的認定を提供する全世界公認のセキュリティ団体です。

CTIA
5G製品

CTIA

オンワード・セキュリティはIoTと組み合わせた5Gが大きなうねりとなり、そして強力なネット接続装置の通信テストが強く求められていることを踏まえ、米国無線通信とインターネット協会(CTIA)から認可されたアジアで唯一のIoTテストラボCATL(CTIA Authorized Test Labs)で、IoTおよび通信機器メーカーの接続機器のセキュリティテストとCTIA認証の取得を支援しています。

ETSI EN 303 645準拠セキュリティアセスメント
IoTデバイス

ETSI EN 303 645準拠セキュリティアセスメント

約10年間の発展の影響で、IoTの各領域への浸透が加速し始めました。消費者に便利な生活をもたらすと同時に、サイバーセキュリティの問題も浮かび上がりつつあります。

FDA Cybersecurity
医療機器のサイバーセキュリティ

FDA Cybersecurity

米国 FDA 規則が制定され、医薬品や医療機器に対する安全性要件を導入し、試験・認証を受けてから販売することを義務付けています。 多くの医薬品や医療機器開発者、製造メーカにとって、これらの規則は大きな試練となります。

FIPS 140-3
パスワードセキュリティ

FIPS 140-3

暗号技術の進歩に伴い、FIPS140の標準は第3版(FIPS140-3)に更新され、すべての暗号モジュール開発メーカや暗号アクセラレータ開発メーカなどの規制対象業界において、販売されているハードウェアまたはソフトウェアの暗号モジュールは、FIPS140-3認定リスト内の演算法をサポートするとともに、関連する演算法および暗号モジュールの要件を満たし、認定ラボでこれらの演算法の実際の動作を検証する必要があります。

産業用制御の安全基準 IEC 62443
インダストリアルセキュリティ

産業用制御の安全基準 IEC 62443

国際電気工業組織委員会は、工業制御安全について特にISA99を参照しIEC62443を制定した後、ISA99の標準名もISA/IEC62443 と変更しました。ISA/IEC62443には異なるシリーズの標準があり、各工業制御分野の上位、中、下位メーカがそれぞれ対応する標準を持つことができるほか、将来、標準更新の際には、認証機関はすべての製造業者に適用するのではなく、更新された標準に適用する機関のニーズに応じて、標準の更新された証明書が必要かどうかを判断するだけで済みます。

PSTI IoT製品のセキュリティ
IoTデバイス

PSTI IoT製品のセキュリティ

英国が検討を進めてきた『製品セキュリティおよび通信インフラストラクチャ法規制2022』(Product Security and Telecommunications Infrastructure Act 2022、通称:PSTI法)が2022年に可決され、2024年4月29日に施行が予定されております。消費者向けIoT製品に関わっている全てのサプライチェーン企業は、この最低限の安全要求に準拠しなければなりません。

RED-DA準拠 セキュリティアセスメント
IoTデバイス

RED-DA準拠 セキュリティアセスメント

近年無線機器の使用が大幅に増加し、クラッカー攻撃の標的となっており、有線機器と比べると80%を超えるサイバー攻撃の標的が無線機器となっています。したがって、欧州委員会(EC;European Commission)は無線機器指令委託法令(RED-DA;Radio Equipment Directive - Delegated Act)が通ったことを発表しました。

カスタマーサポート

お問い合わせ
ご覧いただきありがとうございます。連絡先などの情報を頂ければ、担当者がお客様のご要望に対応致します。
  • オンワード・セキュリティはお客様のプライバシーの保護に努めています。お客様のパーソナルデータは第三者と共有されません。今後不定期にセキュリティ関連のメッセージやアクティビティを送信することがありますがいつでもキャンセルできます。 詳細については、プライバシーポリシーをお読みください。関連コンテンツを提供するために、オンワード・セキュリティのプライバシー ポリシーに同意する場合下記チェックボックスにチェックを入れてください。

Onward Securityを選んだ理由

詳細情報セキュリティ検知技術+

  • 40 以上の世界初のセキュリティ脆弱性(CVE)が見つかりました
  • 3000以上のIoTセキュリティ脆弱性が発見されました

IoT製品のセキュリティを深耕+

  • 200 以上のIoT業界関連の情報セキュリティ プロジェクトを実行する
  • 1000以上のコネクテッド製品のセキュリティをテスト済み

グローバルなコンプライアンスと認証機能+

  • 20 以上の国と500 以上の顧客の認定合格を支援
  • ツール制御、金融、医療、自動車、その他の業界でのコンプライアンス経験
WeChat
This site uses cookies to improve your experience and to provide content customized specifically to your interests. By continuing to browse our site without changing your cookie settings (click the Privacy Policy button for more info), or by clicking the Continue button, you hereby acknowledge and agree to our privacy policy and use of cookies.